イタチ駆除についでの情報が満載です

イタチ駆除はなぜ屋根裏で行われることが多いのか。

イタチ駆除はなぜ屋根裏で行われることが多いのか。 イタチは木に登ることを得意としますし、地面に垂直な壁をよじ登ることもできます。
わずかな隙間から建物の内部に侵入することが可能ですので、天井裏などの場所に棲みつきやすい傾向があります。
こうした理由から、天井裏から物音が聞こえた場合にはイタチ駆除が必要なサインと考えても良いでしょう。
なお、イタチは暖かい場所を好みますから冬場の屋根裏には特に警戒が必要です。
イタチの体長はオスで30cm~40cm程度、メスだと10cm~30cmほどとされています。
ネズミよりも大きく、ネコとほぼ同じサイズと考えて差し支えありません。
天井裏に生息している場合は、ネズミよりも大きめの音が出る傾向があります。
また、夜行性を特徴としますので夜間の物音は重要なサインとなります。
先述のとおり、イタチは狭い隙間から移動することもできますので、台所の生ごみをあさったり、庭の菜園などを食い荒らすといった被害がもたらされるおそれも十分にあります。
そうなる前に、天井裏に何かいると察知した場合はイタチ駆除のプロに相談してみることをおすすめします。

イタチ駆除は外からの侵入場所を潰す事が重要

イタチ駆除は外からの侵入場所を潰す事が重要 イタチは神出鬼没と言っていいぐらい、様々な場所から住宅の中に侵入してきます。
外にイタチが沢山居る所は対策をしっかりしなければ、天井裏等を住処にされてしまう可能性がとても高いです。
イタチは特性として小さな隙間や穴を通る事が出来てしまうので、イタチ駆除をしても何回も住処にされてしまう住宅はパッと見では侵入出来そうにない穴や隙間がある可能性が高いので、イタチ駆除と同時に侵入されない様に対策を講じる必要性が出てきます。
住宅ですと換気扇や通風口も危険な場所ですし、排水パイプが住宅の中に入れるタイプの場合も要注意です。
しかしこれらの侵入経路を住民の方が個人的に潰す対策するのは、とても難しい現実があります。
プロの業者に依頼すれば、実際に侵入してしまっているイタチ駆除と同時にイタチが入り込んできた経路を一つ一つ的確に潰していってくれますから、被害の繰り返しで天井裏の断熱材を滅茶苦茶にされたりする深刻な状態にしたくない場合は早急にプロの業者に依頼をした方が、結果的には安く済むでしょう。