捕獲には行政の許可が必要

捕獲には行政の許可が必要

捕獲には行政の許可が必要 イタチは僅かな隙間から床下や天井裏に侵入し、住みついてしまうことがあります。姿を見かけなくても天井裏を走り回る足音や糞や尿の悪臭で気づくことが多く、台所の食品が荒らされることも少なくありません。
木酢液やクレゾール石鹸液、漂白剤などの臭いのするものを撒くと、イタチ駆除がうまくいくことが多いです。
それでもうまくいかないときは、捕獲する必要が出てきますが、その場合は行政の担当者に捕獲許可を申請する必要があります。
自分で駆除するのは難しい場合は、専門業者にイタチ駆除を依頼すると良いでしょう。その場合は、業者から行政に申請を提出してもらえます。
イタチ駆除に成功した後に大切なことは、二度と家の中に侵入させないことです。住み慣れた場所に再び戻ってくる可能性は大きいので、侵入口を探してそこを網やネットで塞いでしまうことが重要です。
古い家の場合は下水管から侵入してくることもあり注意が必要です。良い業者は再び侵入させないための措置を行ってくれます。

イタチ駆除は後できれいに掃除をしておくことも大事

イタチ駆除は後できれいに掃除をしておくことも大事 イタチは知らないうちに家屋に侵入してきては、住んでいる人に様々な被害をもたらす厄介な害獣です。イタチ駆除の方法はたくさんあります。
ただ一般の人が迂闊に手を出すのは危険で、駆除ができなかったり、再発を招いてしまうことも少なくありません。ひどいケースだと、対策をする前よりも悪化させてしまうことだってあります。
イタチ駆除でつい見落としがちなのが、終わった後の掃除です。イタチは食べ物を荒らしたり柱などをかじるなどの実害の他、病原菌を家の中に連れてきてしまう特徴を持ちます。抵抗力の弱い小さな子どもやお年寄りがいる家庭だと、なおさら心配です。
イタチ駆除が完了しても、その後の掃除を徹底しておかないと病原菌が取り除けないことがあります。
糞尿などがあった場所は特に危険で、しばらく菌は生き続けるため注意する必要性が出てきます。除菌や殺菌をするのはやはり、知識と経験があるプロに任せるのが賢明です。
人体に影響が少ない専用の薬剤を使えば、安心してその後も過ごすことができます。