市販品を使用してイタチ駆除

市販品を使用してイタチ駆除

市販品を使用してイタチ駆除 イタチは胴長で雑食性の小動物で、住居の床下や天井裏などの場所に住んで繁殖をする場合があります。イタチは鳥獣保護法で保護されているので無許可で捕獲をすることが禁じられていますが、市販品を利用して家から追い出すことは可能です。
簡単にできるイタチ駆除の方法ですが、ゴキブリを駆除するための「バルサン」を天井裏や床下に炊いて煙で追い出すことが可能です。機密性が高い最近の建物であれば大量の煙とミストが充満するので、煙に耐えかねたイタチが出て行きます。バルサンを炊くと即効性が期待できますが、数日後に戻って来る場合があるので持続性は期待できません。イタチが家の中に住みつかないようにするためには、天井裏や床下などに木酢液やクレゾール石鹸液を散布してイタチが嫌う臭いを付けておくと効果的です。本格的にイタチ駆除をおこなう場合は、自治体に捕獲の許可を得てから専用のワナを仕掛けておく方法があります。胴長の小動物用の捕獲器に餌をセットして夜間に仕掛けておき、捕獲に成功したら保健所に引き取ってもらいます。

業者の間で忌避剤が注目されている

業者の間で忌避剤が注目されている イタチは動物の中でも、かなりにおいに敏感な動物です。そのため、エサとなるネズミなどの小動物が離れた場所にいても的確に探し出します。その嗅覚は約2km離れた獲物のにおいも察知します。この習性を利用して、イタチ駆除を行う業者や団体が害獣駆除を行います。
イタチは動物の肉が好物で、時として自分の大きさと変わらないほどの動物をとらえます。一方で、ハーブやササなど独特な香りがある植物を苦手としています。そのため、これらの習性を利用してイタチ駆除を行う潮流が強まっています。植物エキスを液体やスプレーとして被害のあった場所にまいておくと、効果が得られます。動物園での実験でも効果が示されており、駆除業者もこの方法を重宝しています。また、背景に同化した専用の檻をイタチの通り道にしかける方法もあります。イタチが好むルートは決まっており、檻の内部に生肉を仕掛けます。イタチが入ると檻の扉が自動的に閉まるシステムになっており、捕獲実績も高いです。