侵入の原因となる隙間を防ぐ

侵入の原因となる隙間を防ぐ

侵入の原因となる隙間を防ぐ イタチは非常に狭い隙間からでも出入りができる動物で、成体の場合でも3センチ四方の隙間があればすり抜けることができます。そのため、イタチが家に住み着いてしまう原因の1つは侵入経路が数多くあるということになります。
侵入を防ぐためにその経路となりそうな場所を塞ぐことは、イタチ駆除のためにやっておきたいことです。既に住み着いてしまっている場合でもイタチは建物の中だけで活動せず屋外頭の出入りもするので、侵入経路を塞いでおけば再び戻って来られなくなるようになります。専門の業者等に依頼していたイタチ駆除を行った場合も、再発防止のためにイタチが入ってきそうなところを塞いでおくことが有効です。
まさかこんな狭いところから入ってこないだろうと言うような小さな穴からでも侵入されることがあるので、しっかりと家の周りを確認して、入ってきそうな部分は塞ぐようにしましょう。イタチ駆除を行う業者の中には侵入経路を塞いで再発を防止してくれるところもあるので、自分ではなかなかできないような部分も任せることができます。

面倒なイタチ駆除と無縁の生活を送るためには。

面倒なイタチ駆除と無縁の生活を送るためには。 イタチは雑食の動物ですが、特に動物性の食べ物を好む傾向があります。例えば、イタチはネズミの天敵のひとつに数えられています。また、ネズミ以外にも鳥類や魚類、昆虫類など動物性のものであれば何でも食べます。イタチが住宅などに侵入する原因のひとつとして、こうした餌になるようなものがテリトリーに存在していることが挙げられます。庭にネズミが発生した場合や、鳥の巣が作られた場合などはこれらを取り除く努力が必要となります。さらに、自宅で発生する生ごみの管理もしっかり取り組むことが求められます。イタチはその生ごみに引き寄せられ、その場所に棲みついてしまう可能性があるからです。

イタチ駆除は自力で行うことは困難と言われています。すばしっこく、ほんのわずかな隙間からも逃げ出すことができるからです。面倒なイタチ駆除に巻き込まれないように、日ごろから庭やゴミの管理には気を配りましょう。餌となる可能性のあるものを除去し、清潔にしておくことは、イタチだけでなくネズミやゴキブリなどあらゆる害獣・害虫の侵入を予防するもの意味でも効果的です。